ずっとWiMAXを使っているのですが…。

WiMAXのサービス提供エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%だと公表されています。東京都の23区は無論のこと、全国の県庁所在地などにおいては、ほぼ完ぺきに通信サービスを受けることができると理解していただいていいと思います。

「ポケットWiFi」と申しますのは、「ワイモバイルが市場に供給している全てのWiFiルーターを言っている」というのが正しいのですが、「どこにいてもネットに繋ぐことを可能にする端末すべてを指す」事の方が多いと言えます。

ずっとWiMAXを使っているのですが、新たにモバイルWiFiルーターを比較し、「実際にいいルーターはどれなのか?」を見定めてみたいと思っております。

一ヶ月のデータ使用量制限が設けられていない「ギガ放題」だけじゃなく、WiMAX2+には「通常プラン」というのもあるのです。こちらの「通常プラン」の場合は、「データ使用量の上限は7GB」とされております。

WiMAX2+と言いますのは、平成25年からマーケット展開されているWiFi通信サービスです。従来のWiMAXと比べてみても、通信速度などが圧倒的に優れており、諸々のプロバイダーが最新式のWiMAXとして、力を入れて販売しているという状況なのです。

こちらでは、自分自身に相応しいモバイルルーターを選出いただけるように、各プロバイダーの月額料金であったり速度等を調べて、ランキング形式にてご紹介しております。

「ワイモバイル」・「格安sim」・「WiMAX」全部を購入対象にして、それらのメリットとデメリットを理解した上で、利用状況に即したモバイルルーターをランキング形式でご案内します。

WiMAXはトータルコスト的に見ても、他社のプランより低コストでモバイル通信ができます。電波が利用できるエリア内だとすれば、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台の通信端末をネットに接続することができます。

「WiMAXないしはWiMAX2+を買い求めるつもりだ」と言う方に注意していただきたいのは、意識的にプロバイダーを比較するということをしないと、少なくとも2万円くらいは損する羽目に陥りますよということです。

LTEと呼んでいるのは、携帯電話であったりスマートフォンなどで活用される一歩進んだ高速のモバイル通信規格です。3G通信と4G通信の間に位置する規格という意味から、WiMAXと一緒に3.9Gということになっています。

WIMAXの「ギガ放題プラン」を申し込めば、月毎のデータ通信量に上限は設けられておりませんし、キャッシュバックキャンペーンをうまく活かせば月額料金も3000〜4000円程度に切り詰められますので、現段階では最高のプランだと思います。

ご存じないかもしれませんが、「ポケットWiFi」と言いますのはワイモバイルの登録商標なのです。しかしながらWiFiルーターのひとつということもあって、現実的には一般名詞の様に取り扱われていると言えます。

実際にワイモバイルとWiMAXという評判の良い2機種のモバイルWiFiルーターの速度や月毎の料金などを比較してみたところ、上位機種においての下り最大速度を除いたおおよその項目で、WiMAXの方が秀でていることが把握できました。

WiMAXモバイルルーターについては、機種次第でCA方式または4x4MIMO方式のどちらかの通信技術が採用されているのだそうです。感度が異なるので、その辺を踏まえて、どの機種を買い求めるのか決定するようにしてください。

WiMAXが使えるのか否かは、UQコミュニケーションズがネットに掲載している「サービスエリアマップ」を見ればわかります。住所での確認に関しましては、「ピンポイントエリア判定」をやってみれば判断できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です